いちごトレイルラン2019

2019年の走り収めは、毎年の恒例行事となったいちご(爆食い)トレイルランに参加した。

 

青島太平洋マラソンで痛めたくるぶしの腓骨筋は、完走していなかったこともあり大事には至らずに、二日間の休足をして徐々にランニングして完治。

フラットな舗装路ではないので、足首に負担が掛かるトレイルコースを心配してたけど、足首に負荷を掛ける練習しても悲鳴を上げることはなかったので安心したよ。

 

5年連続5回目の参加。過去3回は爆晴れで真っ青な青空を見ながら駆け抜けるトレイルコースは気持ちよかった。

去年は途中から冷たい雨の中で凍えながらいちごを食ったな。

 

今年は冬型の気圧配置が長続きすることはなく、12月になっても南の海で台風が発生するという暖冬に。

心配していた天気は、雨マークが消えたり点いたりの爆晴れとはならない微妙な予報に。

 

どんよりと曇った空を睨みながら、東京から千葉県への最速ルート「アクアライン」を渡る。

土曜日の7時前ということもあって、千葉への観光客で自然渋滞。

マイミクさんとの待ち合わせ時間に遅れて、7時半前に袖ケ浦駅に到着。

雨粒が落ちてこないのが不思議な天気。

かなり早く会場に到着し受付。

山の上なので北風がやや強く吹き付け、体感温度は0度に近い寒さ。

雨が降らないだけでも幸運だよ。

 

今年は説明をよく読まずにエントリーしてしまい、お目当てのアフターランパーティには申し込めなかった。3人以上だと申し込み可能とのこと。

なので、走った後は温泉とお弁当のコースになってしまった。

これはこれで良かった。汗だくな状態でご飯は食べたくないし、なにしろこの寒さ!

とはいえ、良くタイムスケジュールを見るとお弁当時間に間に合わない。

普通に走れば10時スタートで2時間コース。ゆっくりとお風呂に入っても14時には食べ終わる。

いちご爆食いさえしなければ!!

フードファイターではないのに(笑)。

 

そう。今年はフルコース20km。そしていちご200個が目標。

制限時間を使えば余裕で完食可能。

しかし、200個完食すると3時間でゴールが13時過ぎ。

あらかじめ電話でホテルに確認すると、やはり14時までにお弁当を食べて欲しいとのこと。

お風呂は15時までに上がって下さいというので、2時間40分以内でゴールするというかなり厳しい計画になった。

なので1周40分×4で160分と目標タイムを修正。

気温5度あるかないかだったので、カフェテラスの中で暖を取りつつ、大好物のアレをなめる。

 

f:id:midorigameko:20191230183349j:plain

 

普通に走れば3人は2時間で楽勝にゴールできる脚力。

しかーし!美味しいいちごをたくさん食いまくるのが目的なので、とりあえずできる限りいちご爆食いスタートした!

 

めちゃくちゃ寒い中、体をほぐすようにゆっくりと柔らかなトレイルコースを走る。

2ヵ所ある急坂も早歩きで走破。

少し早かったけど、最初のいちごは目標の50個完食。

真っ赤に実った早獲りいちご。

ちょっと選びながら大きいのを食べたので時間をロスしてしまった。

大き目のいちごをたくさん食ったので、早くもおトイレタイム。
たくさん液体を出して身体も軽くなって徐々にペースアップ。

1周目は40分20秒で通過。

  

2回目の爆坂も歩いて克服。

f:id:midorigameko:20191230182956j:plain

f:id:midorigameko:20191230183002j:plain

 

2度目のいちごタイム。

今度は目に入ったいちごを早食いして50個完食。

 

食った後の坂道は向かい風も加わりとても辛く、何のために走っているのか意味不明な状態に。

でも奥様とラン友さんたちとの並走がとても楽しく勇ましく思えて、苦しい胃袋の消化スピードはマックスに達していたよ。

再びおトイレタイム!

この大会で一番良いことはトイレがとても綺麗。

大も小も仮設な簡易トイレでないのが素晴らしい!

 

早食いが功を奏したのか、2周目は37分3秒で通過!

この調子で次も50個を目指したが、さすがに苦しくてアップアップ。

もう諦めが肝心。

とりあえず、楽しみながら味わいながら30個完食。

薄い雲間から待ちに待ったお日様が顔を出した。

ちょっと汗ばんだので3回目のおトイレタイム。

 

大量に液体を噴出させ、3周目は40分55秒で通過。

個数を減らしたにも関わらず、タイム短縮には至らなかった。

もう200個は無理と悟った。

 

4周目は晴れてきたので、スマホで写真バシャバシャ。

 

f:id:midorigameko:20191230182203j:plain

 

ダリアが満開だった。

f:id:midorigameko:20191230182222j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182229j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182243j:plain

 

 

見慣れた看板だけど憎たらしいブタ君。

 

f:id:midorigameko:20191230182434j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182321j:plain

 

美味しそうなんだけど、今年はバイキングじゃなくてお弁当だから食べれないの。

f:id:midorigameko:20191230182333j:plain

 

台風の影響で補修されていたよ。

f:id:midorigameko:20191230182307j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182255j:plain

 

可愛い羊さんたちのうん〇をたくさん踏みつけて、動物たちに今年も走らせてくれてありがとうとご挨拶。

f:id:midorigameko:20191230182448j:plain

 

4回目のいちごは20個と少なく。

大きいのより小さく丸いのが甘くて美味しかった。とちおとめかな。

f:id:midorigameko:20191230182502j:plain

 

大きいのは甘さ少なめ。

ケーキバイキングもそうだけど、甘いとたくさん食べれない。

f:id:midorigameko:20191230182517j:plain

 

練乳は不使用。

でも次回は練乳つけて食べてみたいな。

f:id:midorigameko:20191230182524j:plain

 

この小さくて丸いのが一番美味しかった!

f:id:midorigameko:20191230182539j:plain

 

ヘタは摘まんで簡単に取れるし楽だよ!

f:id:midorigameko:20191230182553j:plain

 

クリスマスが近いのでサンタの仮装ランナーが多かった。

大きいのはヘタが取れないのね。

f:id:midorigameko:20191230182606j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182621j:plain

 

トイレに寄ったのに追いつかれた!

フワフワと飛ぶように軽やかに走ってたよ。

また来年も一緒に走ろうね。

f:id:midorigameko:20191230182634j:plain

 

最高地点は当然ながら強風で煽られた。

f:id:midorigameko:20191230182648j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182702j:plain

 

次第に再び薄い雲に覆われて極寒に。

f:id:midorigameko:20191230182714j:plain

 

震えながら今年もお一人様ゴール(笑)。

4周目は43分12秒。

総合タイム2時間41分34秒。

参加賞はいつものお口直し(笑)。

 

f:id:midorigameko:20191230183119j:plain

 

 ゴール後にはいつもの糖分補給。

これがめちゃくちゃ甘くて美味しい!

10個完食。

 

f:id:midorigameko:20191230182727j:plain

 

完走賞と参加賞のTシャツを貰った。

今年のはひつじも普通に可愛いデザインだった。「令和」入り。

 

f:id:midorigameko:20191230183052j:plain

 

急いで駐車場へ向かいランチ会場のホテルへ。

時間がないので先にお弁当!

 

f:id:midorigameko:20191230182741j:plain

 

お弁当以外にもマグロと鯛のお刺身二品4切れ頂きました。新鮮でとても美味しかったよ。

ご飯は食べ放題!

 

お風呂はこじんまりとした湯舟。

時間が遅かったので人数も少なく、汗冷えしていたので長い時間ゆっくり浸かったよ。

ホテルはクリスマスムードだったね。

アベックにはもってこいなイベントメニューだけど、焼き肉臭が凄ぇーからお口のお手入れしてから楽しんでよ。

f:id:midorigameko:20191230182823j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182809j:plain

 

まだ時間があったので、みんなでソフトクリームのリベンジへ再入場!

f:id:midorigameko:20191230182837j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182902j:plain

 

f:id:midorigameko:20191230182951j:plain

 

子供たちへのお土産もたくさん買って、夕暮れのアクアラインを渡り千葉県にさようなら。

 

大会を振り返って。

毎年恒例で楽しみにしていた今大会。

最近の大会は悪天候が続いていて心配していた。

気温は真冬並みに低く寒かったけど、雨にも降られずに最後には晴れて素晴らしいトレラン大会(爆食い)となった。

 

毎年奥様と二人で参加していたが、今回は相次ぐ猛烈な台風の影響で会場も被災し、開催も危ぶまれていました。

関係者の方々のご尽力によって無事に走れることができ感謝しています。

千葉県在住のラン友さん二人を誘って、ランチもお風呂も一緒に楽しめたよ。

ふかふかの絨毯のような柔らかいコースは、ランニングし始めた初心者の方にお勧めです。

来年はアフターランパーティ(バイキング)で、ラン友さんたちと羊も豚もたくさん食べたいな。

 

新年あけましたね。

去年の漢字は自分的には「記」。

記録ずくめな一年だった。

サブスリー奪還し自己ベスト更新。

年代別入賞3回。

と言いつつも、未完走2回という不名誉な「記」録も(笑)。

 

日本国に至っても、幸も不幸も記録ずくめな一年だったね。

やっぱり「記」が相応しいかな。

 

今年はどのような一年になるのか楽しみだぜ。

 

f:id:midorigameko:20200101202411j:plain

 

第33回青島太平洋マラソン

f:id:midorigameko:20161226202357j:plain

 

f:id:midorigameko:20161226202358j:plain

 

f:id:midorigameko:20161226202311j:plain

 

f:id:midorigameko:20161226202318j:plain

f:id:midorigameko:20161226202309j:plain

f:id:midorigameko:20161226202253j:plain

 

f:id:midorigameko:20161226202250j:plain

f:id:midorigameko:20161226202249j:plain

 

写真は2016年より援用しました。

 

今年も3年前と同じく、真っ青な青空の下で開催された。

日本全国探してもここしかないような、幅の広いトロピカルロードを気持ちよく走ってゴール!!

とはならずに、2大会連続のリタイヤで不完走となってしまった。

 

雨のレースとなったつくばマラソンをリタイヤし、満を持して今大会に賭けていたが。。。

ハーフしか走っていないつくばマラソンから2週間は疲労回復させることもなく、自己ベスト更新させるために走り込みを続けた。

 

それでも30km走はせずに、短い距離を何度か走ってスピード練習も数回した。

大会2日前の金曜日には、3kmをレースペースで走って脚に刺激を入れた。

 

f:id:midorigameko:20191211164809p:plain

参考としたのが自己ベスト出した静岡マラソンの練習内容。

少し違うのが食事制限をもっと厳しくした。

朝昼夜と3部練習!

静岡マラソンの時よりも体重も体脂肪もかなり落として挑んだ。

3kmRペース走後の計量。

f:id:midorigameko:20191211164739p:plain

 

静岡マラソン時より1kgは軽くなった。

 

金曜日の昼から炭水化物を多めに摂った。

大好物のお雑煮!

f:id:midorigameko:20191211164744j:plain

 

 

夜食は玄米ご飯大盛りに大量の鰹節!

f:id:midorigameko:20191211164838j:plain

 

カーボローディングした翌朝の計量。

 

f:id:midorigameko:20191211164852p:plain

 

ちょっと食べすぎたようなので、カッパを着てジョギングへ向かうと右足首に激痛が!

3kmRペース走後に少し足首を捻って痛みが出たが、その後は痛みは全くなかった。

とても走れる状態でなく、歩くのも辛い痛みだった。

時間が経つにつれて痛みは引いたが、湿布をして羽田空港へ向かった。

 

f:id:midorigameko:20191211164902j:plain

 

歩いても痛みはなかったが、藁にもすがる思いで整形外科をネットで検索。

土曜日の午後なのに診てくれる病院があったよ。

 

f:id:midorigameko:20191211164856p:plain

f:id:midorigameko:20191211164909p:plain

 

雨の東京を飛び立つ。

天気予報では明日の宮崎は快晴!だけど、北風がやや強く吹く予報。

 

 

 

f:id:midorigameko:20191211164915j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211164927j:plain

 

ブーゲンビリア空港に到着。懐かしい!

f:id:midorigameko:20191211165016j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165028j:plain

 

 

時間がないので空港で定番となった鉄火丼のランチ。

 

f:id:midorigameko:20191211164955j:plain

 

 

食べようか迷ったけど、やっぱり食べちゃったよ。ちょっと小さいけど美味しかった!

 

f:id:midorigameko:20191211165044j:plain

 

これはチーズ饅頭。

f:id:midorigameko:20191211165105j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165120j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165054j:plain

 

受付会場へは行かずに病院へ!(笑)

f:id:midorigameko:20191211165138j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165154j:plain

 

近くには歯科も眼科もあって、ここの地区は病院タウンという感じだった。

とても立派な整形外科。リハビリセンターも建物内にあった。

 

30分程で案内された。症状を話すと、「東京からわざわざ来たんだから、やっぱり明日走りたいんですよね??」

苦笑いしながら先生が言ったよ。

とりあえず痛み止めの錠剤とリハビリセンターで足首を固定してもらったよ。

 

ヒールロックなんて去年2月の別府大分マラソン以来だな(笑)。

お陰様で少し歩きやすくなった。

 

宮崎神社は参拝したかったので、ちょっと距離はあったけど脚慣らしに歩いたよ。

調剤薬局で購入。

宇宙船の形をした公園をバックに。

f:id:midorigameko:20191211165206j:plain

 

一の鳥居に着いた。

 

f:id:midorigameko:20191211165245j:plain

 

この先で折り返す。

 

3年前は若かったな!

 

f:id:midorigameko:20161226202317j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165301j:plain

 

お菓子屋「はつとり」の馬力栗饅頭。

普通の栗饅頭の3倍はあるような。

f:id:midorigameko:20191211165324j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165337j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165350j:plain

 

栗の餡に大粒の栗がゴロゴロと!

オマケに蕎麦煎餅も貰いました。

 

f:id:midorigameko:20191211165402j:plain

 

自己ベスト祈願でなくて完走祈願に。

 

 

f:id:midorigameko:20191211165429j:plain



f:id:midorigameko:20191211165417j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094323j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094437j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094452j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094501j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094508j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094514j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094522j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094529j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094543j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094550j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094558j:plain

 

猪突猛進!したかったぜ。

f:id:midorigameko:20191214094604j:plain

 

宮崎神宮駅に到着。鳥居をくぐってホームへ。

f:id:midorigameko:20191214094645j:plain

  

f:id:midorigameko:20191214094653j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094700j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094720j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094707j:plain

 

宮崎駅に到着。

こじんまりとした駅舎。

 ななつ星の停車駅なのかな。

f:id:midorigameko:20191214094726j:plain

 

宮崎県の木ともなっているフェニックス。

雨も上がって綺麗な夕焼けに照らされていた。

f:id:midorigameko:20191214094734j:plain

 

テーピングしたので痛みは全くなく、歩いて10分ほどの繁華街方面へ。

少しジョグしてみたけど大丈夫だったが、さすがに固定されていたのでぎこちないフォームだった。

 

結局、ロイホでパスタ食べたよ。

 

f:id:midorigameko:20191211165500j:plain

 

 

明日は絶好のマラソン日和となった。

風も弱そう。

 

f:id:midorigameko:20191211165455p:plain

 

 

4時に起床し朝食。

 

f:id:midorigameko:20191211165513j:plain

 

お餅3個は多かったかも。一応、静岡マラソンの朝食とハンバーグ以外は同じなんだけどね。あの時はミートボールだった。

熱い湯船に浸かって覚醒とお腹のマッサージ。これをやるとスッキリドカンと出てくれる。

 少しきつめにテーピングした。右足の母子半球に力を入れると痛みが。。。

片足立ちするとふらふらする。

当日受付になったので、ちょと早目の電車に乗った。

f:id:midorigameko:20191211165537j:plain

 

無人駅だったのでICカードは使えなかったよ。清算するのに5分以上かかった。

切符の購入をお勧めします。

 

f:id:midorigameko:20191214094741j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191214094759j:plain

 

トイレにもステンドグラス。

f:id:midorigameko:20191214094806j:plain

 

7時過ぎに会場到着し受付。

 

f:id:midorigameko:20191214094831j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094837j:plain




f:id:midorigameko:20191214094849j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214094855j:plain

 

早めに来たのか、かなり空いていて並ぶことはなかった。

 

一応ポーズを決めてみた。

 

f:id:midorigameko:20191214094910j:plain

 

左足は大丈夫(笑)。

右足はやっぱりちょっとふらつく。足に力が入らない。

 

f:id:midorigameko:20191214094924j:plain

 

マイミクさんとの待ち合わせ時間までかなりあったので、3年前と同じくスタジアムのスタンドで朝日を浴びて温まろうとしたら、スタジアム内は立ち入り禁止となっていた。

仕方なくスタジアムの周りをぐるっと回って、暖かい朝日が浴びれる場所へ歩いていたらマイミクさんに会えたよ(笑)。

 

2時間48分という自己ベストを出した縁起の良い大会とのこと。

お互いに自己ベストを更新させようと、エントリーする前からこの日が来るのを待ちわびていた。

 

スタジアムのトイレのみ使用できたので、小便は待たずに済ませた。

歩行中の痛みはないけれど、とにかく右足に力が入らない。

スタートラインへ整列し、軽くジャンプや足を回して体を温めた。

普通に走れそうな走れなさそうな。右足が固定されているので力が入り辛い。

行けるところまで行くか!!

 

号砲がなりスタート!

Aブロックは人数も少ないのでロスは数秒。

ジャンパーを奥様がいる所に投げて、頑張って行ってくるよの合図。

体調は一番良いのに足が悪いなんて最悪。

痛みが出てきたら無理せずリタイヤすると決めていた。

1kmラップは意外と早かったけど、呼吸がとても苦しく全力でダッシュしているような心拍数を打っていたみたい。

とりあえず5kmまでこのペースを保つことにした。

苦しい!!

 

最近良く聞いていたスピッツのメロディが頭の中で鳴る。

ゆったりとしたメロディなのでペースもゆったりに。

打ち消すように相川七瀬の曲を弾けさせるけど、すぐにスピッツの曲に戻る。

神様ぁ~♪

 

足首の痛みはないけれど、とにかく呼吸が荒くて辛すぎる。

足に力が入らないのと、いつものフォームでないのでロスがかなりあるような感じだった。

別府の時は左足ロックだったが、ペースは4′30″/kmだったしね。

予報どおりに向かい風だったけれど、それほど強くなくなんとか10km通過。

鳥居で折り返して向かい風から追い風万歳!!って期待したけれど、背中を押すような風は吹かなかった。

給水所で気管支に入り思いっきりせき込んで立ち止まった。

18km過ぎてサブスリーのペーサー軍団に吸収されあっけなく引き離された。

鳥居折り返しからのラップがとても遅く、3年前のように楽しくコバンザメ作戦とはならなかった。

2回目の市街地の折り返し地点では、右回りだったので右足をかなり捻ってしまい痛みが!

ハーフ通過して宮崎駅から帰りたくなったけど金がない(笑)。

収容バスだと到着が遅れるので飛行機に間に合わない。

走って会場に戻るしか選択肢がない(笑)。

2大会連続の完走しないで会場へ向かう作戦に。

 

給水所で突然立ち止まったランナーにぶつかりそうになった。

とっさに避けたら激痛が!

中々痛みが引かずに我慢してジョギング。

アスファルトの割れ目に右足が入って捻ってまた痛みが(笑)。

やっとスタジアムの銀色の屋根が遠くに見えた。

万事休す。よく頑張った。

 

30kmで時計を止めて靴ひもを緩めた。

脚が棒のように疲労している。

練習での30km走よりもかなりの疲労度。

奥様がカメラを構えているスタジアムまでゆっくりジョグして向かう。

意外にも痛みはなく、このペースなら3時間15分前後で完走できそうって欲が。

青島も見れないなんてあまりにも残念過ぎる。

とはいえ、今までの経験上、ゴール後はどんな症状になっているか想像がつく。

潔く勇気を持って計測タグを外したよ。

 

 

 

f:id:midorigameko:20191214095825j:plain

f:id:midorigameko:20191214095805j:plain

 

くるぶしの腓骨筋が少し腫れて痛かった。

f:id:midorigameko:20191211165554j:plain


両足の着地タイミングも足を地面に下すタイミングも違って、いつものようなフォームで走れずにふくらはぎもパンパンに張っていた。

そもそも痛くてつま先で蹴れないし。

 

 ラン友さんの応援をしっかりとやって、ボケてない格好いい写真を撮りました(笑)。

 時間もなかったので着替えもせずにジャージを着て空港へ。

昼飯は空港内で済ませた。

自己ベストも完走も出来なかったけど、やっぱり食べちゃったよ。やけ食い。

 

f:id:midorigameko:20191214100300j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214100306j:plain

 

奥様のも横鶏♪

f:id:midorigameko:20191214100312j:plain

 

f:id:midorigameko:20191214100247j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165607j:plain

 

足りなかったので。

歩くたびに痛くなったのでテーピングもやり直した。

f:id:midorigameko:20191211165621j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165630j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165642j:plain


安いお店で3次会!

 

f:id:midorigameko:20191211165701j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191211165713j:plain

食べれば治るんだよ(笑)。



ラップタイム。

 

f:id:midorigameko:20191211165727p:plain

 

 

とても名残惜しくブーゲンビリア空港を後にした。

 

f:id:midorigameko:20191211165735j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165747j:plain

 

f:id:midorigameko:20191211165758j:plain



大会を振り返って。

リタイヤした次の大会は素晴らしい走りだったジンクスは破られた。

2大会連続の不完走となってしまった。

故障するかしないかの瀬戸際で、走りこんで鍛え上げた脚が悲鳴を上げてしまったよ。

もう少し精神的に余裕を持って、大会前は身体を労わらないと、疲労が一気に頻出して思わぬ場所で故障してしまうからね。

自己ベストを更新!という強迫観念からか、プレッシャーからか。

 

次は2週連続となる館山若潮ラソン別府大分毎日マラソン

今回は日向灘に沈んでしまったが、再びフェニックスのように蘇ってやるぜ。




 

 

第39回つくばマラソン

この大会で初めてサブスリーを出した3年前。

「科学」されたコースでとても走りやすく、500mは距離が短く感じて楽しくゴールしたな。

 ありがとー!!って叫んでゴール(笑)。

 

f:id:midorigameko:20161202182215j:plain

 

若かったな(笑)。

f:id:midorigameko:20161202182226j:plain

 

そして3年が経ち、自己ベスト更新に挑む52歳の今シーズン。

榛名湖、大町アルプスと好成績で走り抜け、自己への挑戦状!という恐怖の大田原マラソンは蹴って、平坦で記録が出やすいつくばマラソンにエントリーした。

一週間前の天気予報では曇り晴れだったのに、みるみるうちに悪化。

季節外れの台風が発生した影響で、前日から曇雨の空模様になってしまった。

つくばマラソンの前日に開催された大田原マラソンも雨。

あの強烈な風は弱かったらしいが、冷たい雨に打たれて低体温症でダウンしたランナーも多かったらしい。

 

何度も天気予報を見ても変わらない。開き直って記録は狙わずに、カメさん帽子被ってファンランすることにしたよ。

 

カーボオフを3日間した後の大会前日の昼飯はご飯大盛な鉄火丼で。

f:id:midorigameko:20191127145110j:plain

 

夜飯はすき焼き風と塩鮭。ご飯はお替りした。

f:id:midorigameko:20191127145135j:plain

 

朝食はセブンイレブンの金のハンバーグにカステラ。

ご飯は鮭の混ぜご飯ね。

7時頃にはバナナとカロリーメイト一箱と100%オレンジジュース。

f:id:midorigameko:20191127150315j:plain

 

天気が悪いので前泊はしなかった。

武蔵野線に揺られているときに気付いた。

時計忘れた!!!

ブースで買おうか迷ったが、もう路面は濡れているしベストは出せないのは分かったから買わなかった。

 

学園都市駅には6時45分ころ到着。

少し歩いたセブンイレブンのトイレには5分くらいで入れた。

2か所便器があったけど、1つはウォッシュレットが壊れていて使えなかったらしい。

壊れてなくってラッキー。

 

会場行きのバスは有料。

長蛇の列だったけど、本数が多くて20分も並ばずに乗れた。

 

10分程度で会場に到着。

雨は小降りで止む気配なし。

雨雲レーダーでは雨が止みそうだったけどね。

 泥泥ぐちょぐちょな会場(笑)。

走り終わってここに来る人いるのかな?一応テーブルと椅子はある。

f:id:midorigameko:20191127145228j:plain

 

f:id:midorigameko:20191127145206j:plain

 

雨用の靴で良かった。

f:id:midorigameko:20191127145216j:plain

 

雨だったのでここで雨宿りしてラン友さんと待ち合わせ。

f:id:midorigameko:20191127145249p:plain

 

トイレもあってガラガラだったよ。ここは穴場だね。

f:id:midorigameko:20191127145259j:plain

 

 

スタート風景は寒々だね。

 道幅が狭くスタート直後は大混雑するので、相変わらず両サイドの走行禁止の道からかっ飛ばすランナー多数。

f:id:midorigameko:20191127145324j:plain

 

ウェーブスタートなんだけど、道幅が狭いので序盤はかなり混雑する。

 ABブロックが同時にスタートする。

陸連登録者がAブロックらしい。未登録者でも早いランナーはBブロックなため、後方から凄まじいペースで追い越された。登録に関係なく記録でブロック分けしないと危険。女子なんて特に。

f:id:midorigameko:20191127145352j:plain

 

 

A2ブロックの最後尾に並んだ。

 

f:id:midorigameko:20191127153907j:plain

15分前には整列に入ったけど、小雨が降り続いてめちゃくちゃ寒い!

ゴミに捨ててあったビニールを被った。

 

スタート直前には土砂降り!時計もないし走る気力が失せたよ。

 

f:id:midorigameko:20191127145201p:plain

 

 号砲が鳴ってスタート!

わだちに溜まった水たまりが深い!既にシューズはぐっしょりで重い。

2km程度まで混雑していた。

周りのランナーの着地音と車の走行音で、ウェストポーチに入れたスマホからのペースと距離も音声が全く聞こえなかった。

 

7kmあたりからの声援で「サブスリー余裕だよ!!」って聞こえて少し安心した。

自分のゼッケンに近いランナーを見つけてペーサーに。

10kmまではやや弱い向かい風だったけど、高速コースという理由は10km過ぎてからだと知っている。

徐々にランナーが少なくなりスマホからのペースが聞こえてきたが、4′13″/kmというのが続いて愕然とした。遅すぎる!!

少しづつペースアップさせ、ようやく4′8″/kmが続いたけど時既に遅し。

ハーフ通過目標がカメ帽子被った格好でも1時間28分台だったのに29分だった。

寒さも増してお腹もおかしくなり始め、さらに恐れていた親指の深爪がかなり痛くなった。

再来週の青島太平洋マラソンもあるし、ここは潔くゼッケンを外してリタイヤすることとした。

 

とりあえず食べるものは食べました。

ブルーベリーが特産。だけど今日のレースと同様に甘くなかった(笑)。

 寒い!!

f:id:midorigameko:20191127145405j:plain

 

f:id:midorigameko:20191127145426j:plain

 

f:id:midorigameko:20191127145414j:plain

 

 

なぜにキュウリが??

 

f:id:midorigameko:20191127145439j:plain

 

 

 

f:id:midorigameko:20191127145452j:plain

 

係の人に近道を教えてもらったけど、案の定迷子に(笑)。

スマホ持って走って良かったよ。でもすぐに電池落ちした。

 

去年リタイヤした防府ラソンの時のようにならず、関係者の方々に聞いて無事にゴール地点に到着し、応援&カメラマンの奥様と合流し、もうすぐゴールするラン友さん達の応援に回った。

 

f:id:midorigameko:20191127145500j:plain

 

 

時間的には2時間45分かな。こんな時間にゴールしてみたいものだ(笑)。

 ラン友さんたちの雄姿を目に焼き付けたよ。ナイスラン!!

 

駅から歩いて15分程度の温泉に入って温まった。

顔出しパネルで怒られる?睨まれてる?完走しろよ!

f:id:midorigameko:20191127145507j:plain

 

温泉後は待ちに待ったインドカレーのチーズナンとスィーツ三昧で!

f:id:midorigameko:20191127145512j:plain

 

追加でガーリックナンも!

f:id:midorigameko:20191127150038j:plain

 

やっぱりブルーベリー♪

f:id:midorigameko:20191127145546j:plain

 

ハーフしか走ってないけど(笑)。

 

f:id:midorigameko:20191127145559p:plain

 

おうちに帰って更に!

娘っ子がバイトしている栗こあんのプリンクリームたい焼き!

 

f:id:midorigameko:20191127145631j:plain

 

f:id:midorigameko:20191127145643j:plain

 

ラン友さんから貰った成田山のお土産♪

甘くて美味しかったよ!いつも気にかけてくれてありがとう♪

f:id:midorigameko:20191127145618j:plain



 大会を振り返って。

 晴れの得意日のはずの勤労感謝の日。大田原マラソンも雨に見舞われた。

今年は秋晴れも長続きせず、秋雨前線が居座りおまけに季節外れの台風まで発生した。

30km走は3年前と比較にならないくらいに走り込み、9月10月の練習内容は遥かに3年前を越えていた。

体重も体脂肪も自己ベストを出した静岡マラソン時と同じくらいに絞って挑んだ。

雨は降り続き路面状態も悪く、再来週にある青島太平洋マラソンで再挑戦するためにゼッケンを外した。

あのまま完走目的で惰性で走っていてもダメージが残るだけだし。

って、時計忘れている時点でモチベーションが落ちていた(笑)。

ハーフしか走っていないのに、右足の親指が深爪で膿んでズキズキと痛んだ。

病院で処方してもらい、3日後には痛みなく普通に走れて一安心。

次の青島太平洋マラソンでは、雨であろうが何だろうがベストを尽くしたい。

 

 

 

天童 ラ・フランス ハーフマラソン 2019

f:id:midorigameko:20191112160129j:plain

 

 

今年も美味しい秋の味覚、ラ・フランスを食べに走ってきました。

温暖化の影響なのか、富士山の冠雪は3週間も遅く、10月下旬になっても夏日が復活し、秋らしい空は中々拝めない天候が続いた。

 

町をあげての大収穫祭、ラ・フランス ハーフマラソンというビッグイベントには、ラ・フランスだけでなく、リンゴ、ブドウ等、秋を代表する果物が勢ぞろい。

果物だけでないアレもエイドに登場するという、とんでもなく珍しく大赤字覚悟のイベント。

 

去年はラン友さんとの楽しいガチランだったので、全てのエイドは素通りしてゴール。

ラ・フランスはゴール後にたくさん食べたけど、アレは食わずに今年の楽しみとしていた。

ラソン大会は競技性もあり、人に優劣を競わせてしまうスポーツだけれども、たまにはゆっくりと時間にとらわれずに景色を見ながら食べながらゴールへと向かいたい。

 

連休なので、大会後は去年と同様に安達太良山へ登ることにした。

若くして従妹が天国へ旅立って1年。ちーたん、今年も君との少ない思い出を道連れにして、都会では見れない本当の空を見に行ったよ。

 

出発前にいつもの早朝30km走。ついに朝ランのベストタイムが出た。

今週は4回も30km走やったよ。

 

f:id:midorigameko:20191109100421p:plain

 

 

体重も体脂肪もそこそこ落ちた。

 

 

f:id:midorigameko:20191109100417p:plain

 

少し仮眠して車を北へと走らせる。

大渋滞の真っ赤な表示が目に飛び込んでうんざり。

途中下車して一般道で迂回しながら北へ向かう。

サラダにスープにカレーにデザート食べ放題で1100円とは!30km走ったから食が進む。

 

f:id:midorigameko:20191109100426j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100437j:plain

 

羽生から東北道に入り、遠く遠く山形県天童市を目指す。

「天童」というとまっさきに「よしみ」と続ける人が多いかな。

天童よしみ和歌山県出身で、とくに天童市とは無関係。

八代亜紀のように地名からではなかった。

僕もマラソンも将棋もやらなかったら「よしみ」で終わっていたと思うな。

ラ・フランスという果物も、同時期に旬を迎えるリンゴの陰に隠れて食わずじまいだったろうに。

日本国全ての自治体にマラソン大会があるわけはないが、マラソンというのは、小さな町を訪れ、その町の風土を味わう素敵な趣味だなとつくづく実感する。

 

左手には那須連山、明後日登る安達太良山も真っ青な空に映えていた。

大町アルプスマラソン後には天候が悪くなり登れなかったので、天気予報どおりに晴れて欲しいと願ったよ。

 

去年行った蔵王温泉が素晴らしかったので今年も入りに行ったよ。

 

f:id:midorigameko:20191109100455j:plain

 

内湯と露天があって、露天は星空を見ながらぬるめのお湯に10分ほど浸かって、静水圧作用と浮力作用の両取り効果を狙う。

長時間の運転は足の血流が滞ってしまうし。

内湯は熱めの湯。短く浸かってマッサージ。熱い湯に長く浸かると、交感神経が刺激され睡眠の質が下がり熟睡できなくなってしまう。

強酸性の特徴のある湯で疲れも取れたよ。

夜ご飯は昼に食べ過ぎたので質素にした。

 明日はたくさん食べるしね!

 

翌朝は4時に起きて朝ラン!

 

f:id:midorigameko:20191112145450p:plain

 

さくらんぼ東根駅。ロータリーの周囲をサクランボの樹が囲んでいる。

 

f:id:midorigameko:20191109100506j:plain

 

手袋もなく半袖短パンで激寒だったけど、東京では中々見れない満点の星空の下で気持ち良く走れた。

腹も程よく減って朝食はバイキング!

食べ放題づくしだなぁ(笑)。

 

f:id:midorigameko:20191109100524j:plain

 

とてもハーフマラソン大会前の朝食とは思えない。

パンは追加で3皿、ヨーグルトにコーンフレークをたっぷり入れた。

もちろん山形名産の玉こんにゃくも!

 

駐車場が混みそうだったので7時前に出発。

意外に空いていて少し仮眠してから会場へ向かう。

空はどんより曇ってる。晴れの予報じゃなかった!?

去年のような冷たい北風はないにしろ、盆地特有でめちゃくちゃ寒い!!

 

f:id:midorigameko:20191109100616j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100603j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100551j:plain

 

去年は雲一つない晴天だったのに。

 

f:id:midorigameko:20191109100543j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109100626j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109100638j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100651j:plain

 

 

完走予想タイム2時間で申告したけどBゼッケだったよ。

頑張ります♪

 

f:id:midorigameko:20191112151557j:plain

曇りだけど去年よりは風もなく寒くないかな。

放送で8度とか言ってたし。

 

スタートの号砲が鳴って動き出す。

走り始めて2kmでラ・フランスの入ったカップがずらーっとテーブルに並んでたよ。

さすがに2kmじゃ早すぎるので通過(笑)。

制限時間は3時間だけど、あまりに遅いとアレが売り切れで食べれなくなる。

奥様のケツを叩いて、上り基調の序盤5kmは少しペースを早くさせた。

 

ゲストランナーの中村優さんとツーショット。

 

f:id:midorigameko:20191109100702j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109100732j:plain

 

 

「ちょっと本気でフルーツラン!」というこの大会のキャッチフレーズ。

正に本気で並んだ秋のフルーツの数々には驚きを隠せない。

ハーフなのに??

ブドウは3種類。もちろんシャインマスカットも!

全てのエイドステーションにはラ・フランスが!!

給水なんてもったいない!給ラ・フランス!!

給ブドウに給リンゴに給カキ~!

 

f:id:midorigameko:20191109100803j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100838j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100816j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100850j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109100915j:plain

 

熟した柿も美味しかった!これはマラソン大会かっ?!

f:id:midorigameko:20191109100927j:plain

 

柿もラ・フランスも完熟!食べごろで喉越しがとても良かった。

 

 

 

f:id:midorigameko:20191109101027j:plain

 リンゴ畑がたくさん目に入った。ラ・フランス畑を探したけど見当たらなかったよ。

「まだあげ初めし前髪の林檎のもとにみえしとき・・・」

薄紅の秋の実を背にして、みんな楽しそうに走ってました。

f:id:midorigameko:20191109100952j:plain

 

 

低い雲が広がっているけれど、遠くに目を向ければ月山も朝日岳連邦も見れたよ。

 

f:id:midorigameko:20191109100940j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109101003j:plain

 

いくつかのアップダウンを走って、ついに念願のアレが待ち構えてる18kmエイドステーションに到着!1時間42分。

 

f:id:midorigameko:20191109101039j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101124j:plain

 

 

ハーフマラソン大会にカニが!!

去年は爆走していたので何があったのか全く分からず、後で大会ホームページで知ったカニエイド。

なんでも赤身と白身の2種類あるとのこと。

 

f:id:midorigameko:20191109101052j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109101112j:plain

 

カニだけでなくさつま揚げもー!なぜ??

 

f:id:midorigameko:20191109101136j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101156j:plain

 

 

食べ過ぎて苦しくて!

沿道からは頑張れー!って声援もらったけど、食べ過ぎて苦しいのでごめんなさい(笑)。

最後のラ・フランスエイドでも食べまくる。

f:id:midorigameko:20191109101215j:plain

 

ちょっと本気でフルーツ爆食いランの〆は、この大会名物の熱々な芋煮!!

 

f:id:midorigameko:20191109101222j:plain

 

具だくさんで熱々でめちゃくちゃ美味しかったよ!

 

一応、マラソン大会なので完走証。

カニエイド通過したら2時間は余裕で切ってたけど。

f:id:midorigameko:20191109101234j:plain

 

参加賞も豪華!

f:id:midorigameko:20191109101244j:plain

 

タオルはとても肌触りが良くお気に入り♪

 

高級旅館が立ち並ぶ天童温泉へは500円で入れたよ。

f:id:midorigameko:20191109101309j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101320j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101256j:plain

 

道の駅へ行って美味しいジェラートも♪

たくさん種類があって迷ってしまう。

f:id:midorigameko:20191109101342j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101354j:plain

 

むらさき芋よりもラ・フランスの味が勝っていた。

 

追加で!

 

f:id:midorigameko:20191109101407j:plain

 

パンフレット載っていたお店で甘いお菓子を。

 

f:id:midorigameko:20191109101429j:plain

 

おまけにチョコももらいました。有難うございます。

 

f:id:midorigameko:20191109101417j:plain

 

 

明日の天気は良さそうなので、高速に乗って安達太良山の麓のキャンプ場へ。

日が落ちるのが早く、再び真っ暗な中でテント張り。

今日の夕飯はまた鶏鍋♪

 

f:id:midorigameko:20191109101440j:plain

 

豚骨鶏ガラの濃厚味噌味!〆はラーメン。

 

市営で無料なので、テントはざっと50張りほど。

トイレには紙がないけど水洗の洋式。

近くに安いスーパー銭湯もある。

犬もいなくてとても静かな夜を過ごせました。

 

お陰様で爆睡して自然に目が覚めた。

本格的なキャンパーが多く、ベッドも石油ストーブもあったのには驚いた。

f:id:midorigameko:20191109101453j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101506j:plain

 

 

 

朝食は焼きサンドと洋菓子店で買ったラ・フランスのアーモンドバターカステラ。

  

f:id:midorigameko:20191109101517j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101529j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101541j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101553j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101618j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109101630j:plain

 

ラ・フランスの香りがとても良く美味しかったよ!

 

テントを畳んで安達太良山へ。

次第に薄い雲が取れて青空が見えてきた。

本当の空は見えるかな。

 

f:id:midorigameko:20191109122830j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109122838j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109122844j:plain

 

徐々に晴れ間が広がり、真っ青なお空がお出迎え♪

f:id:midorigameko:20191109122851j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109122928j:plain

 

去年と同じルートだけど、今年は奥様と二人でキャンキャンと笑って楽しく登れたよ。

f:id:midorigameko:20191109122936j:plain

 

乳首岩もクッキリと。

 

f:id:midorigameko:20191109122944j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123100j:plain

 

 

今年も鐘を鳴らしたよ。

 

f:id:midorigameko:20191109123052j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109122951j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123023j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123115j:plain

 

森林限界が低く見晴らしは最高!

 

f:id:midorigameko:20191109123138j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123131j:plain

 

祭日でロープウェイも営業していたので登山者は多かった。

 

f:id:midorigameko:20191109123236j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101649j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109123245j:plain

 

 

 

熱いコーヒーと甘いパン!

ラ・フランスは完熟してないから硬かった(笑)。

f:id:midorigameko:20191109101709j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101721j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109101801j:plain

 去年のように御鉢からのガスの匂いはなかった。

お腹も満たされてゆっくりと下山。

 

f:id:midorigameko:20191109123304j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109123318j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123325j:plain

 

乳首岩、また来年?

f:id:midorigameko:20191109123332j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123339j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191109123400j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123353j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123423j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123415j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123407j:plain

 

去年と同じくくろがね山荘の湯に浸かることにした。

硫黄の匂いに包まれて温泉の醍醐味を味わったよ。

今年は旧道ではなく、荷物の運搬に使われる新道と渓流の道へ。

f:id:midorigameko:20191109123449j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123439j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123431j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123516j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123504j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123456j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123538j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123531j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123524j:plain

f:id:midorigameko:20191109123705j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123720j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123729j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123737j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123744j:plain

 

何本もの瀑布に見とれてようやく下山。

 

f:id:midorigameko:20191109123801j:plain

 

f:id:midorigameko:20191109123816j:plain

 

そしてまた温泉。

源泉からは離れているけど、ここの露天風呂からの風景は素晴らしい。

f:id:midorigameko:20191109123810j:plain

 

 

2泊3日の旅行を振り返って。

 今年最後になる2泊3日の旅行は好天にも恵まれて、秋の豊潤にと温泉にとマラソンにと充実した3日間だった。

秋は寂しいという季節ではなく、厳しい冬と夏を乗り越えて実った恵みを授かることができる幸せな季節として、古の時代から祝い事も多く行われている。

短い秋の収穫祭も終わり、この地にも再び厳しい冬がやってくるんだなぁ。

 

大会関係者のみなさん、沿道で応援していただいた方々、そして、とても美味しい食べ物をたくさん用意して頂いた農家の方々、網走市の方々に感謝致します。

 

 

第36回大町アルプスマラソン

 

f:id:midorigameko:20191022192152j:plain

www.omachi-sports.com

f:id:midorigameko:20191022192217j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075731j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075724j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075549j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075944j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022080011j:plain


猛烈な台風が関東地方を襲い、東日本に甚大な被害をもたらした。

河川は氾濫し多くのマラソン大会が中止になったが、長野県西部ということもあり被害は少なく、大町市で開かれた小さなマラソン大会に参加しました。

 

 

いつものように3日間は炭水化物オフの少食な食事制限。

金曜日から徐々に炭水化物攻めに。

おやつは甘いあんこ。

f:id:midorigameko:20191022080212j:plain

 

 

夕飯は栗ご飯と大学芋をたくさん食べました。

 

f:id:midorigameko:20191022080237j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022080225j:plain

 

朝も軽くカッパ着て5kmほどジョギング。

朝食は少し多めに食べて6時過ぎには出発した。

 

秋本番となり、真っ青な空と黄葉とのコントラストが美しいはずが、天気予報が大外れして出発日は曇雨。

中央高速が土砂災害により通行止めなので、大月まで下道の国道20号で行く予定だったが、大垂水峠も崖崩れで通行止めとなってしまった。

仕方なく関越ー長野自動車道で行くことにしたが、高速に乗ったとたんの電光掲示板には碓氷軽井沢から小諸まで通行止の表示が(笑)。

20号は大渋滞する予感があったので、少し遠回りな関越経由で出発したのに!

軽井沢で高速を降りて下道で大町を目指した。

かなり遠回りになってしまったが、途中の雷電くるみの里道の駅では360円の巨大なソフトクリームが食べれたよ!

 

f:id:midorigameko:20191022084028j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022084020j:plain

 

天下無敵の雷電様ぁ!我に力を下され!!

触ると無敵な身体になるって。

 

f:id:midorigameko:20191022084105j:plain

 

ソフトクリームは大盛りで360円のくるみソフト。通常の倍のサイズ。

サービスエリアで買わなくて良かったよ。サービスエリアは場所代があるから高くて小さいよね。他にも巨峰もあり。

コーンカップの底にコーンフレークもサービス。

濃厚で本当に美味しかった!

 

こちらは雷電焼き。小さく見えるけど手のひらサイズ。

ごろっと甘い小豆とくるみが入って美味しかった!

 

f:id:midorigameko:20191022091849j:plain

 

顔出しパネルもたくさんあった。けど、みんな子供用なのか、顔をはめる穴がかなり小さい(笑)。

 

f:id:midorigameko:20191022084007j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022083954j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022083941j:plain

 

雷電の腹を触った効果か!晴れてきたよ!

f:id:midorigameko:20191022084040j:plain

 

上田市の手前では、大氾濫した千曲川越えは橋が崩落してしまい通行不可能!
迂回して少し渋滞にはまったが、昼過ぎには大町市に入っておしゃれなうどん屋さんでランチ。

 

f:id:midorigameko:20191022084136j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022084122j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022093056j:plain

 

豚キムチうどん。小麦粉の密度高し!

ゆっくりと咀嚼して炭水化物を味わった。めちゃくちゃお腹が膨れたよ。

雨は小降りだったので、釣具屋さんで糸を買おうと湖へ向かうと、いきなり遠くのほうで稲妻が光ったと同時に地響きの轟音が!こりゃー釣りどころではない(笑)。

小さな台風も北東方向へ進んでいた。

 

f:id:midorigameko:20191022084148p:plain

 

会場へ向かい受付終了。人数が少ないので閑散としていた。

 

f:id:midorigameko:20191022084204j:plain

 

大町の女王!来年のオリンピックは期待しています。

f:id:midorigameko:20191022084216j:plain

 

少し早めに入宿。

女将さんの素敵なプレゼントは、栗おこわのまぜご飯おにぎり。とても美味しかったです。

 

f:id:midorigameko:20191022094652j:plain

こじんまりとした鄙びた宿。シーズンオフなのか宿泊客は少なく、とても静かなひと時を過ごせました。

今年は100%ガチランナースタイルで。

f:id:midorigameko:20191022084246j:plain

シューズは去年と同じグリーンの初代ターサー。

 

夜食は雷電くるみの里道の駅で買ったくるみのおはぎと金のハンバーグ。

 

f:id:midorigameko:20191022084312j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022084326j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022084338j:plain

 

金のハンバーグはさすがに肉肉として美味しかった。

くるみおはぎはもちもち感とほんのりとしたくるみの香りがしたよ。

 

f:id:midorigameko:20191022084259j:plain

 

 

残暑が厳しい9月末の榛名湖マラソンから3週間後。

10月に入っても真夏日が続いた。

台風によって空気がかき混ぜられ、大会当日の朝は最低気温も10度近くにもなった。

標高も600mと高く、日本の屋根がくっきりと見渡せるこの街。

 

万葉集においては、春と秋どちらの季節が良いか論じた長歌も。
「秋山そ我は」と詠んだ額田王。どちらかというと春よりは秋が好きだな。

食欲の秋でもあるし!
一所懸命に耕した田や畑の豊穣に喜ぶ季節。
一月もすれば厳しい冬の寒さに晒される。人も動物も。

 公認大会公認コースだけど、公認していない熊も走るらしい。

今年も会場では熊避けの小さな鈴が配られていた。

厳しい冬を乗り切るために、たわわに実った秋の果物をたくさん食べて冬に備える。

スポーツの秋にふさわしい天気は去年のこと。

今年は10月になっても秋らしい空は続かなかった。

 

榛名湖マラソン後は爆食いにより熊並みに肥えてしまった。
そこから再びアスリートの体系へもっていくのがとても辛い。

ただし、大会後は美味しいものをたくさん食べれるから差し引き0かな(笑)。
榛名湖の翌日から練習再開。

いつものように尾根幹線の坂道の30km走を3回行い、大会後の週は140km以上も走りこんだ。

 

翌週からは距離を短くしながら疲労回復に努めた。

徐々に走る距離を短くし疲労回復に努め、大会1週間前からは減量と同時に行ったスピード練習が辛かった。

 

去年は松本城観光とご当地の美味しいものをたくさん食べて、スタートラインでは確実に58kg以上はあっただろうに。

 

静かな湖畔の宿のお陰で熟睡できて4時に起床。

朝食は榛名湖と同様に軽くね。

 カステラは半分食べた。

f:id:midorigameko:20191022103043j:plain

 

 とても気持ち良い温泉に長く浸かってマッサージ。

小さな鏡の前でハカの真似事をして気合を入れた。

ジャンプしたり腿上げしたりして、二日間溜まったお腹のヤツを下に下す。

すっきりドカンとたくさん出てくれたよ。

今年はガチで挑んだ結果56.5kgという、今までにない最軽量に。

 

f:id:midorigameko:20191022084404p:plain

 

 

 

 

当たらない天気予報では、、、

晴れて20度近くになるってさ。

低気圧が通過後の北風が弱くなって欲しいと願う。

f:id:midorigameko:20191022084358p:plain

6時半過ぎに宿を出発。

女将さんから甘い金平糖をもらいました。ありがとうございました。頑張ります!!

 

薄日は指すものの、厚い雲が覆いかぶさった北アルプスの山塊は全く見えず。

 明日の燕岳登山には晴れて欲しい!

f:id:midorigameko:20191022084409j:plain

 

 

 7時前には会場の駐車場に到着し、バナナ1本食べてオレンジジュースを飲んだ。

30分ほど仮眠。

  

f:id:midorigameko:20191022084420j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191022084432j:plain

 

 

明日の登山のパンをたくさん買ったよ。

去年はアップルのクロワッサンを買って食べた。

さすがに今年は食えなかったな。

 

f:id:midorigameko:20191022084502j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022084450j:plain

 

 

美味しそうな生クリームいっぱいのワッフルは帰りに買おうとしたけど売り切れてしまった。

 

f:id:midorigameko:20191022084514j:plain

 

 

今年も新鮮なリンゴもたくさん!

入賞したら2個もらえる。頑張らねば!!

 

f:id:midorigameko:20191022084526j:plain

 

 

 ラン友さん達と合流し、前日の雨に濡れて芝生の香りが心地よいグラウンドでアップジョグ。

 

f:id:midorigameko:20191022075530j:plain

 

減量した甲斐があって身体が軽い軽い!

 若干、北風が強く吹いていたのが気になった。

 

 去年のタイム3時間7分41秒を超えるべく、武者修行して再びこのグラウンドに立った。

要所要所のタイムを記憶させ、目標は3時間5分以内!

参加人数が少ないのでスタート順は決まっていない(笑)。

それでも前から2mほどの位置に並びウォームアップ。

あの練習内容で本当に大丈夫なんだろうか?とか色々な不安要素が出でくるが、結局は走るしかない。

恐怖心は消え失せないが、ゴール後の温泉と登山と爆食いが待っているぜ!

f:id:midorigameko:20191022075537j:plain

 

 

地味に号砲が鳴ってスタート!!

綺麗なグラウンドを半周回って息を整える。

去年も走っているのでコースには慣れていた。

ただし、風向きが去年とは真逆。下り坂では追い風、上り坂では向かい風と最悪な環境に。

 

8.5kmを下って折り返し。下り坂でペースを上げないように気を付けたが、体重が軽いことが幸いに、去年のラップタイムより10秒前後は早く走れていた。

あっという間に5km通過。タイムは20分14秒!ベストタイムを叩き出した静岡マラソンと同じくらいか?

追い風に煽られてちょっと早く感じたので、呼吸が楽になるくらいまでペースダウンしたつもりが落ちてなかった。

要所ラップとしていた折り返し地点8.5kmは34分45秒で通過。追い風の影響で既に2分近くも早く通過。

 

折り返しのコーンにタッチして、約13kmもの長い上り坂にアタック!

実に標高差は210m。爆坂ではないにしろ、じわじわと上っていく。延々に終わりがないのも地獄だね。

キャベツもぶどうも榛名湖は爆坂ではあったが終わりが見えていた。

ラン友さんからもらったツバの長い緑の帽子を深めに被って、遠くは見ないで地面2m先のみ見つめる。

去年はこの坂道を緩い追い風で走り切れたが、今年は低気圧通過後の北風が吹き、殆ど単独走となった身体にぶち当たる。

大田原の恐怖の強風ほどではないが、前走者が全くいない吹きっさらしの山道ではかなり辛かった。

遠くを見ると気落ちするので、ツバ先の道を凝視して脚を回した。

先が見えないので途中でコースアウトしそうになった。

慌てた係員に誘導してもらったこと数回。

坂よりも風との闘いだった。

抜かれたランナーの後方にくっつき、コバンザメ作戦で切り抜けようと試みたが、ペースが早くて2kmもコバンザメになれなかったよ。

汗を吸って重くなったアームウォーマーを落とす。

f:id:midorigameko:20191022075557j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075603j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075610j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075617j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075624j:plain

 

立て続けに50代二人に抜かれた。

この時点で5位みたい。8.5km折り返し手前では二人の50歳代とすれ違った。

後方の白シャツさんは去年の優勝者だったような。

 

15km通過は1時間4分。去年よりも1分44秒早いが、きつい向かい風でペースが上がっていなかった。

次第に晴れ間が広がり路面にくっきりと黒い影が映る。

汗が吹き出し呼吸が荒くなったが、すぐにまた雲に覆われて冷たい北風が身体を冷ましてくれたよ。

二人の健脚な50歳代とは200m以上も離されて単独走。

 

f:id:midorigameko:20191112145522j:plain

 

下り坂が始まる21kmまではラップ時に鳴る時計を見ずに、ただひたすら帽子のツバ先を見つめて脚を回した。

長い、長すぎる!!この向かい風と上り坂!!

後少しで下りだよ!!って沿道から声が飛んだ。どっかの大会でも聞いたセリフだな(笑)。

要所ラップとしていた21.5kmを1時間33分38秒で通過。去年より2分10秒早い。

下り坂なのでジェルを1本注入。

 

ここから木崎湖まで約4kmの下り坂。追い風で楽かと思いきやほとんど向かい風。

逆に折り返してからは追い風になると思い嬉しかった。

プラス思考で走ろう!

 

相変わらずどんよりとした曇り空。去年は眩しく輝く湖がとても美しかった。

ねずみ色した湖面を見ながらラップを稼ぐ。

数人のランナーを抜き、第二折り返し地点をタッチして通過。

やや緩い追い風になり始め脚が軽くなった。

上り坂で給水したくなかったので、こまめに給水したのが良かった。

30km通過ラップは2時間10分27秒。去年より2分30秒の早さ。この時点で大会ベストを確信した。問題は表彰台に乗れるか。あの二人を抜くのはかなり厳しいぞ。

ジェルをもう1本注入!

 

湖を背にして下りた坂道を逆走。

追い風かと思いきやかなりの向かい風に。ペースが全く上がらず、去年と同様に右に左にふらふらと身体が揺れる。

腕も脚も懸命に振って涎も垂れ流して牛さんに!!

4kmしかないというのに本当に厳しかった。

もう少しで下り坂だよ!!がんばれ!!って聞きなれた黄色い声が響いて活を入れた。

この大会、沿道で声援する人は本当に少ないけど、厳しいコースというのを知っているだけに、走っているランナーには本気で応援してくれる。

何度も聞き覚えがある声に押されて、ようやく厳しすぎる上り坂が終わった。

ラップタイムなんて見てなかったけど、後で見たら5分超えそうなタイムだった。

 

残り約8km!!過呼吸になりそうだったので、下り坂はゆっくりと走って呼吸を整えた。

抜かれた前走者との距離が縮まり爆走!白いシャツと黄色いシャツを追いかける。

遠くに白いシャツのランナーが見えた。徐々に近くになり視界に捉えたが、ゼッケンを見たら抜かれた同年代のランナーでなく愕然。走る気力が失せたと同時にわき腹が痛くなり始めた。

 

ハーフのランナーと合流。ランナーで溢れた路上には先行する二人を探す気力もなく、もうベストタイムは更新できるし、明日の登山に支障がなければ良いと守りに入った。

 

f:id:midorigameko:20191112145528j:plain

 

呼吸が楽なペースでゴール会場に入ったが、やや緩い上り坂がめちゃくちゃ苦しく、競技場へ突入しゴールゲートまでは倒れそうだった。

 

f:id:midorigameko:20191022075843j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075850j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075856j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075903j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022075910j:plain

 

ついにゴール!!

f:id:midorigameko:20191112145535j:plain

 

して案の定、ふかふかの芝生に仰向けで倒れた(笑)。

4分近く空を見つめて起き上がると、ツイッターで見つけた若いランナーさんが近づいた。

今年の飛騨高山100kmも走っていたし、今回の厳しいコースも完走したのでお互いに健闘を称え合った。

 

記録証をもらうと年代別5位の文字が!!やっぱり5位だったか(涙)。

 

f:id:midorigameko:20191022080504j:plain

 

去年よりも3分以上も早かったのに!まぁ頑張りましたよ、自分なりに。

 

 

 

f:id:midorigameko:20191022080714j:plain

 

おおまぴょんと!

f:id:midorigameko:20191022080054j:plain

 

 

完走後はリンゴ爆食い、、、とはならず、5切れほど口に入れた。

豆腐は冷たく美味しかった。

f:id:midorigameko:20191022080107j:plain


豚汁も1杯に。

f:id:midorigameko:20191022080115j:plain

 

 

ラン友さんと駅の近くの温泉に行き汗を流した。

ランチはパンフレットにあった黒部ダムカレーが食べたかったが、残念ながら14時で閉店。

営業中の看板掲げてあっても閉まってる店もあり、マラソン大会で人が多いのに意外だった。

やっと探したお店「ねむの木」にて念願の黒部ダムカレー

 

f:id:midorigameko:20191022080413j:plain

 

 

スィーツは控えめにね。

 

f:id:midorigameko:20191022080440j:plain

 

奥様とラン友さんは特製カレー!

 

f:id:midorigameko:20191022080401j:plain

 

サービスでお漬物も頂きました。
 

f:id:midorigameko:20191022080349j:plain

 

ダムカレーにはルールがあるそうな。

 

f:id:midorigameko:20191022080336j:plain

 

カレーは健康にも良いんだって。加齢にはカレー!!

 

f:id:midorigameko:20191022080322j:plain



 ラン友さんとお別れし、明日の登山の買い出しへと向かう。

慌てて出かけたので、山用の着るもの一式を忘れてしまった。

しまむらーで必要な衣類を買って、安曇野のスーパーで食料品を買い込んだ。

天気予報では晴れのち曇りで、高原山の天気ーてんきとくらすでは山行予報はAマーク。

 

常念岳の登山口にある須砂渡キャンプ場に到着。

1サイト2700円という安さ。

トイレは水洗の洋式で炊事場も綺麗。

サイトは広く平坦で寝やすそう。日曜利用だったので貸し切り状態。

すぐそばに「ほりでーゆ~四季の郷」という施設があり、450円でスーパー銭湯に入れたよ。

 

夜飯は鶏鍋♪

f:id:midorigameko:20191022080452j:plain

 

特大ピザポテチを食べてビールを飲み、沢の音を子守歌にして眠りについた。

 

4時に目覚ましが鳴って天気予報を見たら曇ってるし。

雨雲は近くにはないけれど、衛星写真では真っ白に!

完全にアルプスは雲の中だし、カッパ着て濡れながら登りたくないので二度寝した。

6時過ぎに再び起きて朝飯の支度。

空はどんより。あーついてない。

朝食は昨日の会場で買った甘い菓子パン。

本当なら山頂でリンゴと一緒に食べる予定だった。

 

f:id:midorigameko:20191022080512j:plain

 

賞品のリンゴと甘い甘い抹茶チュロッキーも♪

f:id:midorigameko:20191022080521j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20191022080552j:plain

 

 去年より3分以上も早かったのに5位なんだよ・・・と愚痴を奥様にこぼして(笑)。

クリームワッフルも売り切れてたんだよ・・・と愚痴を奥様にこぼして(笑)。

だから頑張ったよね!?って無理に同意を求めて(笑)。

 

 

f:id:midorigameko:20191022080152j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022080137j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022080130j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022080145j:plain

 

もう一度お風呂に入りたかったので、9時までテントの中でゴロゴロとくつろいだ。

家にある布団を持ち込んでるからフカフカで気持ちいい。

嫌な虫もいないのでとても心地よかった。

 

朝風呂にゆっくり長く浸かって疲労回復♪

帰路は野猿がお見送りに。

f:id:midorigameko:20191022091930j:plain

 

もう一度、雷電くるみの里道の駅に行きたかったので、来た道を折り返して軽井沢まで一般道を走ったよ。

 

お昼は上田市鹿教湯温泉のお蕎麦屋さんにて。

くるみ蕎麦の中盛り。

隣の人がミニ天丼を食べていたので釣られて追加した。

f:id:midorigameko:20191022080610j:plain

 

眠たい目を擦りながら、雷電道の駅に到着。

 

f:id:midorigameko:20191022080623j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022080651j:plain

 

 

雷電様、ありがとう御座いました!

f:id:midorigameko:20191022091917j:plain

 

仮眠して19時過ぎに帰宅。

お腹が苦しくていつものココイチカレーは食べれずに吉野家の牛丼で〆。

 

翌日のランチは家族で銚子丸にて祝勝会♪

 

f:id:midorigameko:20191022173847j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022172351j:plain

 

 

セブンのスウィーツもね♪

 

f:id:midorigameko:20191022172330j:plain

 

f:id:midorigameko:20191022172337j:plain

 

 

オヤツには春巻きの皮で作ったおからアップルパイ。

甘酸っぱくて美味しかった!

 

f:id:midorigameko:20191022174716j:plain

 

大会を振り返って。

 

去年はガチで挑まずに、翌月にある大田原の練習として参加したが、今年は真夏のメロンから脚の状態が良く、榛名湖マラソンと同じく体重制限してガチで挑んだ。

 尾根幹線道路の坂道を使って故障せずに厳しい練習を積んだ。

前回大会のタイムを超えることは必須となり、目標タイムは3時間5分とした。

結果として1分近くも目標タイムをクリアできたが、ラストの下り坂では記録追及のモチベーションがなくなり、わき腹痛もあってタイムを伸ばすことができなかった。

結果としてラストの下り坂は去年より30秒遅かった。

4位との差が30秒ほどだったので、もう少し自分を追い込めば抜けたかもしれなかったけどね。

 

標高も高く210mも上って下ってまた上るという過酷なコース設定。

参加人数は3100人程で、広大な競技場がスタートゴール地点でストレスフリー。

アップ会場は綺麗な芝生が広がるサッカー場

 

今年は曇り空で北アルプスの稜線は見れなかったが、晴れればその迫力に圧倒される。

ゴール前もゴール後も美味しい新鮮なリンゴが食べ放題!

温泉施設も豊富にあり、ランナーは割引料金で湯めぐりも出来るよ。

 

秋の過酷な2大会を満足のいく成績で完走できたので、来月再来月の2大会も気持ちよく愚痴らずにゴールできたら良いですね。

 

折々のことば欄より

将棋棋士永瀬拓矢叡王

努力とは息をするように続けられること、無理をしないこと。息をすることです。

 

鷲田さんのことばより

努力というとつい我慢や根性を連想するが、人の実力というものは「長いスパン」で見なければならないと若手の永瀬二冠(叡王・王座)は言う。短期的な成果を期待され、無理して踏ん張らないといけない時もあるが、本当のゴールはうんと先にあって、大事なのは継続だと。

 

知らないうちに呼吸しているように、呼吸するのに頑張る必要はない、ということかな。

市民ランナーなんだし、厳しい目標設定するのも自由だが、それに縛られてしまい自己が破綻してしまうようでは本末転倒だ。

無茶して頑張らずに長く続けられた結果としてゴールがある。

とても良いことばですね。

 

 

f:id:midorigameko:20191022192205j:plain

 

 体重は2日間で元に戻りました(笑)。

f:id:midorigameko:20191022203836j:plain




さぁ、明日からまた楽しく早朝30km走するよ!
 

 

第7回榛名湖マラソン

f:id:midorigameko:20191001100931j:plain

彼岸花もようやく満開になった9月末日。

フルマラソン・シーズンの幕開けとなった榛名湖マラソンを走りました。

 

エントリー費は破格の4千円!!

公認大会公認コースとしては最も安い!

 

f:id:midorigameko:20191001100854j:plain

f:id:midorigameko:20191001100922j:plain

 

新幹線停車駅の高崎駅から無料送迎バスが出ています。

会場まで1時間近くかかるが、ちょっとしたドライブ観光もできるしね。

 

f:id:midorigameko:20191001100914j:plain

 

受付済ませば千円の買い物券が同封されていて、走った後の食事等に使えるよ。

温泉までのシャトルバスもあり、サービス券を使えば250円で入浴が可能。

f:id:midorigameko:20191001100904j:plain

 

参加人数は2千人にも満たないのでストレスフリー過ぎる大会。

トイレは公園内にも数か所あり、少し並ぶ程度で用が足せる。

大会設営の仮設は結構な行列だったよ。

 

エイドには名物のカレーと豚汁がある。なぜカレー??

早いランナー専用の給水所があるので安心して摂れます。

 

 

去年は台風24号の接近により中止に。

 

 

 

f:id:midorigameko:20191001100942p:plain

 

お詫び状と一緒にお買物券も入ってました。

なので今年は2千円分のお買物券が!

 

親戚の法事とも重なってたので、小雨が降る湖を4周走ったよ。

中止になったショックのあまりに爆食いに走り、重たい腹を抱えて何とか4周だけど走りきれた。

風も弱く雨は小雨。気温はマラソンに相応しい涼しさだったな。

 

 

f:id:midorigameko:20191001100948j:plain

 

f:id:midorigameko:20191001100952j:plain

 

f:id:midorigameko:20191001100957j:plain

 

ただ午後からは猛烈な強風と雨だったし、新幹線も止まるから中止にして良かったですね。

印象としては、坂は尾根幹線の坂と似てはいるものの、その前後にある幾つかの小さな坂で脚にダメージが来るような感じだった。

スタート地点の標高は1000m以上あり、息が苦しい割にペースが上がっていないという。

過去の優勝タイムや年代別タイムを見る限り、自己ベスト+20分を目標にするのが無難かも。

 

母の生まれ育った群馬県

公認フルマラソン大会は3つあるが、その3つとも楽なコースでない(笑)。

小さなハーフマラソン大会やトレイル大会も数多くあり、意外にもマラソン大国。

とはいえ、強風やら急坂やらで楽に走らせてくれない。

 

榛東村生まれの母親は、親戚のお饅頭屋さん「清芳亭」で働きながら短い青春を謳歌したらしい。

らしい、というのは白黒の写真アルバムから。クルクルパーマなロングヘアーのミニスカ姿で榛名湖をバックに写っていたよ(笑)。

 

清芳亭から独立した伯母さんの「寿屋」は群馬国体時に、昭和天皇・皇后の献上銘菓となった。

そんな寿屋に小さい頃からお世話になり、榛名湖へも何回も遊びに行っていた。

釣りもしたしロープウェイにも乗ったな。

そんな思い出深い湖畔の周りを、5回もぐるぐる走ってゴールする大会にエントリーするアスリートになったよ。

 

週間天気予報では晴れる予報ではなかった。

前日の天気予報でも曇り時々雨という予報。

 

爆坂対策としては、いつもの尾根幹線道路の急坂練習に加えて、多摩丘陵にある桜ケ丘カントリーの坂道練習も行った。

榛名湖の爆坂は距離約2.5km、標高差80mなので、尾根幹線の坂よりは緩いが、徐々に勾配が厳しくなる。

そもそも標高が1000m以上もあるので、攻略する練習環境にはならない。

といっても、やらないよりはやった方が身になるので、早朝から爆汗になりながら坂道を駆けあがっていた。

 

いつものように月曜日の朝から木曜日の夜まで炭水化物を減らした。

金曜日には豚肉たくさん入った大盛チャーハンを昼食に。

夜は奥様お手製の栗ご飯と焼き肉!

翌朝は軽くジョギングしてベストコンディションになったよ。

 

f:id:midorigameko:20190930153528j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153514j:plain

f:id:midorigameko:20191001135651p:plain

 

f:id:midorigameko:20191001100548j:plain

 

今回は親戚の饅頭屋とうどん屋に結婚報告も兼ねて家族で出発。

サービスエリアで大好物のソフトクリーム!

 

f:id:midorigameko:20190930151918j:plain

 

昼飯は親戚の「水香苑」にて大盛ごまだれ。

炭水化物が身体の中に染み渡る!  

f:id:midorigameko:20190930151940j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151927j:plain

 

 

事前受付をして、何十年ぶりに足漕ぎボート。

もちろん疲れるから漕ぎませんでした(爆)。

奥様が爆汗で30分間も頑張ったよ(笑)。

 

 

f:id:midorigameko:20190930152248j:plain

 

姉弟は仲良く爆漕ぎ!

f:id:midorigameko:20190930152139j:plain

 

楽ちん!涼しくて気持ち良かった。

f:id:midorigameko:20190930152103j:plain

 

お買物券使って糖分補給。

 

f:id:midorigameko:20190930152316j:plain

 

その後は榛名神社へ完走祈願。

f:id:midorigameko:20190930152429j:plain

 

焼き饅頭は一人一個ね。

f:id:midorigameko:20190930152420j:plain

 

もののけが出そう。森林浴!

f:id:midorigameko:20190930152459j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152527j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152541j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152556j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152620j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152635j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152653j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152706j:plain

 パワー貰えたような気がする。

 

 

ホテルに到着し明日の準備。

お茶菓子は美味しかったよ。

 

f:id:midorigameko:20190930152720j:plain

 

 

湯ノ花饅頭食べながら、疲れない程度に石段上って伊香保神社へ完走祈願。

 

f:id:midorigameko:20190930152747j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152836j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152849j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152927j:plain

 

 

また何十年ぶり?射的やってコレだけゲット!

 

f:id:midorigameko:20191001150157j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930152939j:plain

 

365段上って伊香保神社到着。

 

f:id:midorigameko:20190930152951j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153003j:plain

 

ポツポツと雨が落ちてきた。やっぱり明日は予報どおり雨曇りかな。

 

f:id:midorigameko:20190930152912j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153034j:plain

 

 

夜飯は軽くガストでお安くね(笑)。

 

f:id:midorigameko:20190930153053j:plain

 

 

 

エントリー費は破格の4千円なのにこんな景品が。

f:id:midorigameko:20190930152734j:plain

 

温泉に浸かって疲労抜き。

少し恐怖感はあるけど、開き直ってスタートラインに立つことにしたよ。

 

翌朝は目覚め良く4時半に起床。

朝食は少なく。

 

f:id:midorigameko:20190930153116j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153104j:plain

 

朝風呂に浸かってしばし瞑想集中。

サウナで汗だくになってOS-1でウォーターローディング。

体重は57kgを下回っていた。

すっきりと大も出て更に軽量に(笑)。

 

窓の外が明るくなり、カーテンを開けたらなんと!朝陽が上って青空まで見えたよ!

晴れるの?嘘でしょ??メロンマラソンの朝焼けみたい。

赤城山の稜線もクッキリ。

f:id:midorigameko:20190930153153j:plain



f:id:midorigameko:20190930153126j:plain

 

朝食バイキング付きだったけど、7時半からだったので食べずにグランドホテルを出発。

8時過ぎに駐車場に入ってラン友さんと合流。

お互いに初めてのコースなので健闘を誓いました。

一緒に走る仲間がいると緊張もほぐれますね。

今日の天気は晴れ時々曇りで最高気温は29度だって!

赤牛とアミノバイタルの粉を飲んだ。

炭酸なので、粉が胃の中で膨れて苦しくなってしまった。

赤牛と一緒に飲まない方がいいね。

f:id:midorigameko:20190930153223j:plain

 

スタートラインに整列。アナウンスでは既に20度超えましたってさ。

ゴール時間には25度を軽く超えている。

予想タイムは3時間切りは無理なのでBゼッケンに。

f:id:midorigameko:20190930153621j:plain

 

 ここのスタート位置からはなだらかな下り坂。

この一瞬だけ気持ち良く走れる大会。

ゴールラインを4回も通過した後は、だらだらと2.5kmの坂道が待っている。

 

股関節ぐるぐる回しと軽くジャンプして呼吸を上げる。

号砲が鳴ってスタート!!

 

気持ち良く下り坂を走って、もう一度スタート位置に戻り、メインの爆坂に差し掛かる。

赤牛のせいでお腹がかなり膨れて苦しかった。

 

f:id:midorigameko:20190930151722j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151713j:plain

 

上空には薄い雲は広がっているが、容赦ない夏の日差しが降り注ぐ。

長い長いクソ長い直線の上り坂!

前を見ないで足元のみ見続けて足を前へ運ぶ。

呼吸は苦しく、いつものように汗と涎が口から垂れる牛状態に(笑)。

ただし、尾根幹線の坂練習を何度も走ったし、巨峰の爆坂でも経験したので脚は上がっていた。

 

ようやく厳しい上り坂が終わり湖へ向かう下り坂へ。

木陰で風も少し吹いて涼しかった。

呼吸を整えたかったので爆走しなかったからか、上り坂で抜いた多くのランナーに抜かれた。

実は次の坂が最も心拍数をマックスにする坂。

下り坂で呼吸を整えないと倒れそうになる。

ハムストに力を込めて再び抜き返して、その後の急な下り坂は爆走しないで自分のペースで走った。

 

目標ペースは30kmを2時間15分で走る4′30″/kmに設定。

しかし、急坂を下ってしばらく平らな道を走ったところのペースを見て愕然。

息はそこそこ苦しいのに思いのほかペースが遅かった。

やはり標高が1000mという異次元の場所だからか。

高地トレーニングをしている人なら楽勝なんだろうね。

 

時々太陽が雲に隠れて涼しい風も吹いて心地よかった。

もう一人のラン友さんとの距離が縮まった。

3箇所目の坂道を上って追いつき、しばらく並走して声を掛けて抜き去った。

小さな身体でサブスリーを目標に頑張ってる。

フォームが右に左に揺れているので、ちょっと辛そうに見えたよ。

もう少し長距離の練習を多く積んだ方が体幹が鍛えられると思いました。

頑張って下さいね!

 

やや下り坂となっている湖へ降りる道を走って、ゴールじゃないゴールゲートをくぐって一周目終了。

水を掴み取って頭にぶっかけた。

爆汗だったけど、それほど喉は乾いていなく、二口ほど飲み込んで長い長いクソ長い坂道へと脚を運ばせる。

スタート時には天国だった坂も、ついに来たか!!っていうような約1.4kmのだらだら坂。

だらだらと上るこの坂のみで終わればまだマシなんだけど、次が大本命の急坂。

1.1kmで80m上る。平均勾配は7.3%。標高は1183mもある。

さすがに2回目の爆坂には懲りたよ。

それでも脚だけは苦しくなかったので、10kmは目標ペースで走りきれた。

 

2本目の爆坂も無難に乗り越えて、湖に降りてからはペースアップ。

呼吸も楽になり前を走るランナーの背中がどんどんと近づいた。

 

周回コースなので風景は変わらないが、単独走とは全くならないし、同じ苦しみを味わうランナーが周りに多数いると心強い。

f:id:midorigameko:20190930151758j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151805j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151812j:plain

 

出走前にエール交換したラン友さんに檄を飛ばし、2回目のゴールじゃないゴールゲートを通過。

 

給水を摂り、再びだらだら2.5kmの爆坂へと走らせる。

この辺りから同じ年代のランナーさんとの抜きつ抜かれつの楽しい競争が始まったよ。

ゼッケンの番号で年代が分かる。「50・・・」となっていれば50歳代の部なので、入賞するかしないか分からないけど、同じ年代には負けたくない!って気合が入った。

相手方も当然、緑のランナーをロックオン!してるので、ここは抜かれるわけにはいかない。

3回目の爆坂は前走者のペースに合わせて走ったので意外に楽だった。

爆坂途中の20kmラップは1:30′24″。

その逆で下り坂ではペースが一向に上がらず、また何人かのランナーに抜かれたよ。

まだ先は長いので焦らずに脚を回した。

 

下りきってからのペースは徐々に早まり、この調子なら30kmでの目標タイムはクリアーできそうだと思った。

 

子供らの応援も受けて、4回目のゴールじゃないゴールゲートを通過。

 

f:id:midorigameko:20190930151825j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151833j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151845j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151851j:plain

 

優勝者の走り!!

f:id:midorigameko:20190930151819j:plain

 

景色は見飽きたけど、次第に応援する人数が増えて脚に力が入る。

といっても爆坂が楽に感じるはずもない。

誰だ!!こんな変態コースにしたのは!?

トップランナーがもの凄いペースで坂を走っていく。周回遅れになったみたい(笑)。

顔面がアスファルトにくっつきそうな感じで上りきって、下り坂は呼吸を整えてゆっくりと駆け下りた。

2本目の爆坂が尋常にない苦しさ。周回遅れの多数のランナーが歩いているのを見ると歩きたくなる。

今までの厳しい坂練習はこのコースのため。絶対に歩かない!!心の中で叫んでなんとか乗り切った。

同年代の赤シャツさんの背中が遠くなり、まぶたが下りてしまうほどの辛さ。

なんとか食いつき、最後のゴールじゃないゴールゲート前で係員から「後1周あるからね!!」っておい。止めたい!!って叫んで通過(笑)。

 

ラストの爆坂!!もう終わりだ!!

脚に力が入って赤シャツさんをロックオン。

涎も汗もなんだか分からないくらいに垂れまくって抜き去った。

最後の力を振り絞って下りは爆走!

2回目の急坂も以前よりは呼吸が楽だった。

湖の外周でもペース落ちすることなく、Aゼッケンの背中をロックオンして抜き去った。

ついに奥様のキャンキャン声援が聞こえて、目標タイム切りに向かって、ついにゴールゲートとなったゴールラインへ猛ダッシュ!!したら直前で右足のふくらはぎが痙攣!

びっこ足でなんとかゴールラインを通過しました。

 

完走賞を貰ったらなんと!!年代別6位に入賞!

 

f:id:midorigameko:20190930153231j:plain

 

f:id:midorigameko:20191001100845j:plain

 

上位には食い込めると思っていたけど、6位入賞には驚いた。

テーピングの日焼け跡に笑える。

 

f:id:midorigameko:20190930151859j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930151905j:plain

f:id:midorigameko:20190930153631j:plain

f:id:midorigameko:20190930153626j:plain

完走後のおもてなしも充実。

スポドリだけでなくコーラも。

完走食には塩おにぎりと甘い甘いミルフィーユが!!美味しかった!!


ゆうすげの湯行のバスにはすぐに乗れて汗を流したよ。

引き攣ったふくらはぎをマッサージ。

 

子供らはロープウェイで山頂を観光して、送迎バスが公園に着いたと同時に合流。

ちょっと遅くなった昼飯はもちろんカツカレー!

メニューにはないけど、隣のランナーさんが食べていたのでお願いして作ってもらいました。

 

f:id:midorigameko:20190930153325j:plain

 

さらば榛名富士!また来年な!!

f:id:midorigameko:20190930153339j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20190930153636j:plain

 

 

 

再び伊香保温泉に戻って、子供たちとのお顔合わせに。

 

美味しいお饅頭を食べながら、伯母ちゃん冗舌っぷりは健在だよ。

f:id:midorigameko:20190930153354j:plain

 

薄皮で甘すぎない濃いい餡子は子供たちにも大人気。

 

立て板に水な伯母ちゃんのしゃべりを遮って、渋滞が酷くなるから名残惜しく寿屋を後にして帰路へ。

 

夕食にはちょっと贅沢に神戸屋レストランにて、待ちに待った自家製パンの食べ放題!

 

f:id:midorigameko:20190930153450j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153421j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153406j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153502j:plain

 

前夜がしょぼいガストだったので、子供らもさぞ喜んだことでしょう。

 

次の朝も軽く10km多摩川の河川敷をジョギング。

からの朝食は神戸屋で買った季節の甘い菓子パンと寿屋のお饅頭のコラボ。

f:id:midorigameko:20190930153541j:plain

 

f:id:midorigameko:20190930153556j:plain

 

大会を振り返って。

 

爆暑のメロンと爆坂の巨峰マラソン後に爆坂×5のどSな大会。

去年のお買物券が使えるから、という理由で消極的にエントリーした大会。

とはいえ、その後にも過酷な大町アルプスマラソンが控えているので、その練習となるようにエントリーした。

 

毎回のことだけど、エントリーした時は気分が高鳴って去年のリベンジ!!とか爆坂を征服するぜ!!みたいな勢いなんだけど、歳とともにその勢いにも陰りが出始めたのも事実。

大会日が近づくにつれて、去年試走した爆坂の恐怖感が蘇った。

それを払拭するがために、爆坂練習を繰り返したが、さすがに標高1000mでは空気が薄く、目標ペースで走りきることはできなかった。

 

周回を重ねる毎にマイナス思考が働き、よく見たサブエガランナーでさえもペースダウンしていたよ。

そんな日本一過酷なコースを走っている自分が逞しく勇ましく思え、ハーフ過ぎた後半からは、週に3回も30km走を行ったタフな脚力と精神力が冴えわたり、前を走るランナーを次々と抜くことができた。

その結果、目標タイムを上回り、おまけに年代別であるが6位入賞とオマケもついた。

ゴール手前の家族総出での応援が、飽きるはずのぐるぐる周回の楽しさが増したよ。

 

破格なエントリー費で素晴らしいおもてなし!大会100選にも当然選ばれて、ランネットの評価は80点以上という素晴らしい大会。

制限時間も6時間と長いので、風光明媚な湖と榛名山のコラボをカレーを食いながら楽しめます。って、カレー食って完走した人って何人いるんだろう?(笑)

来年は食えなかったカレーのリベンジで走るかっ!?