第1回さがみ湖さくらラン

www.sagamiko-resort.jp

 

ソメイヨシノが葉桜となった4月10日、久しぶりにラン友さんたちと参加。

趣は12月のマザー牧場いちごトレイルと似ている大会。

コースはアスファルト舗装路だが、所々に穴が空いたりヒビが入っていて、かなり路面は荒れている。

トレイルコースではなくロードなので、通常のシューズでないと走り辛い。

高低差はいちごよりやや少ない。

2.5km周回でエイドには飲み物しかない。

高低差のあるコースを20km走った後はバーベキューが待っている!

 

エントリー費は走るのが6千円、バーベキューが3千円、お風呂が千円で、お風呂に入ると駐車場代千円がキャッシュバックされる。

バーベキューは焼きそば、野菜、お肉の串焼き3本。飲み物は別料金。

足りなかったら売店で食材が購入できる。

 

参加賞は、スポーツマスク、ネックウォーマー、クッキー。

 

f:id:midorigameko:20210411153915j:plain

 

 

さくら散っちゃってごめんなさい、と印刷されたクッキー。

売店では5枚で750円で販売されていた。

 

結構ぶ厚くて美味しかったよ!

 

f:id:midorigameko:20210411153941j:plain

 

天気は晴れが長続きしない4月の割には青空が広がった。

間違えて高速に乗ってしまったけど、綺麗な富士山がお出迎え。

久しぶりに走りながら富士山が見えるかと期待したけど、山に囲まれて全く見れなかった。

風は冷たかったけど、春の日差しが強い。

f:id:midorigameko:20210411155251j:plain

f:id:midorigameko:20210411154106j:plain

f:id:midorigameko:20210411154152j:plain

f:id:midorigameko:20210411154225j:plain

f:id:midorigameko:20210411154251j:plain

 

みんなで楽しくワイワイやってスタート!

いきなり急な上り坂!

2.5km周回なので8回も激坂を駆けあがることに(笑)

ソメイヨシノは葉桜だったけど、八重桜は見ごろになっていた。

 

f:id:midorigameko:20210411154630j:plain

f:id:midorigameko:20210411155005j:plain

f:id:midorigameko:20210411155607j:plain

 

f:id:midorigameko:20210411154720j:plain

f:id:midorigameko:20210411154655j:plain

 

f:id:midorigameko:20210411153702j:plain

 

チューリプが綺麗!!って近くによって見たら造花だった。

 

f:id:midorigameko:20210411155704j:plain

f:id:midorigameko:20210411155726j:plain

 

f:id:midorigameko:20210411155546j:plain



f:id:midorigameko:20210411153817j:plain

 

2周目には軍手も取って汗だくに!

3人のペースメーカー&カメラマンになって坂道はダッシュ

みんな故障しないで無事にゴールできました。

 

温泉に先に入れるかはギリギリの時間だったけど、2時間30分以内でゴールでき、先に温泉に入って汗を流せた。

バーベキューの最終受付は13時だったし。

男風呂は洗い場がかなり混雑していた。

内風呂も露天風呂もスーパー銭湯の半分程度かな。種類も少なく狭い。

 

徒歩で20分ほどにあるバーベキュー会場。

山の上にあるので、温泉でほぐれた筋肉に再び鞭入れることに(笑)

 

やっと到着して炭に火を入れる。

ガチで走ってないから元気だったよ。

 

f:id:midorigameko:20210411153557j:plain

f:id:midorigameko:20210411155104j:plain

 

 

食材はまだ凍っているみたい。

 

f:id:midorigameko:20210411153543j:plain

 

f:id:midorigameko:20210411153550j:plain

 

f:id:midorigameko:20210411155213j:plain

f:id:midorigameko:20210411155130j:plain

 

f:id:midorigameko:20210411155230j:plain

 

一人急用ができて欠席だったので、一人分多い食材。かなりお腹が満腹になりました。

 

f:id:midorigameko:20210411153428j:plain

 

肉厚もかなりあって満腹になったよ。

後片付けもちゃんとして会場を後にした。

 

大会を振り返って。

ソメイヨシノは葉桜だったけど、八重桜もミツバツツジも満開で、天候も良く最高のランニング日和だった。

 

高低差もあってガチで走るにはかなりハードなコース。

いちごトレイルは着地時の衝撃を柔らかい土のコースが吸収してくれるが、ここは全てアスファルトでしかも路面が荒れているから注意を要する。

 

エイドは給水しかないので楽しみがない。

リレー組と一緒なので、コース上での追い越しに気を遣う。

バーベキューの受付時間が13時なので、ゆっくり走ってゆっくりお風呂では間に合わない可能性がある。

バーベキュー会場まで徒歩で20分は脚に負担が・・・(笑)

バーベキューの準備と片付けに疲労が増幅される(笑)

入園料はエントリー費に含まれるが駐車場は有料の千円。

お風呂に入ると戻ってくるけどね。

 

いちごトレイルと比較してしまうと劣ってしまうが、かなりハードなコースと都心から近いということがメリットかな。

入賞者の景品が気になるなぁ。

花より団子

観測史上最速の開花と満開となった東京のソメイヨシノ

f:id:midorigameko:20210329131413j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329124919j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329131350j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329125118j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329131204j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329125608j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329125744j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329130331j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329130534j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329131151j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329131317j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329131525j:plain

 

野川公園からモールトンで下流へ。

花より男子」で撮影地となったソメイヨシノは相変わらず素晴らしかった。

 

緊急事態宣言で3月6日開催だった渡良瀬遊水地トライアルマラソンは延期に。

宣言が解除され、予備にエントリーしていた葛飾あらかわ水辺公園トライアルを走りました。

 

本命の渡良瀬が延期となり、3月末の大会は気象条件が良くない日が多く、自己ベストは望めない。

春の訪れも春の嵐も重なって、

2月の高温期の影響で桜吹雪となった。

風こそ河川敷特有のが吹くが、気温はスタート時から15度近い予報。

ゴールは20度近くになるらしい。

 

ベストコンディションになって!と願いながら、約2週間は糖質制限に励み、大会二日前は自己ベスト出した2年前よりも軽量になった。

 

f:id:midorigameko:20210404174549p:plain

 

とは言え、10日前に右足の甲を痛めてしまい、緩いジョギング程度の練習しかできなかった。

 

ようやく大会3日前には痛みも引けて、早朝のカッパWS6本をやってスピードに慣れた。

 

f:id:midorigameko:20210404174250j:plain

 

f:id:midorigameko:20210404174555p:plain

 

糖質制限が解除され、ようやく大好きなジャム3種類塗ったくった食パンに、飛騨高山トミー・ミューズリーと🍓

 

f:id:midorigameko:20210404174257j:plain

 

お昼は川崎市役所まで自転車で漕いでのラー活!

f:id:midorigameko:20210404174304j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20210404174310j:plain

 

夜飯は牛注入!

 

f:id:midorigameko:20210404174237j:plain

 

シューズはターサー・エッジ2。

何故かこの一足だけ8980円だったよ。

 

f:id:midorigameko:20210404174322j:plain

エッジより軽いジールが欲しかったけど、さすがに売ってなかった。

エッジってジールより少し重いんだよね。

流行りの厚底は重いから履かない。

 

前日の昼飯は豚カツ弁当。

 

f:id:midorigameko:20210404174315j:plain

 

 

夜はいつものマグロ漬け丼!

 

f:id:midorigameko:20210404174327j:plain

 

 

カロリー少なく炭水化物多めで糖質を効率よく摂取。

 

 

大会当日の朝は4時起床。

少し軽めで。

f:id:midorigameko:20210404180553j:plain


会場に到着。

寒い朝だったけど、青空が広がり日差しは強い。

 

f:id:midorigameko:20210404181023j:plain

 

目標タイムは設定せずとりあえず完走!

 

f:id:midorigameko:20210404174332j:plain

 

 

 

ラン友さんとエール交換し、いざスタート!!

 

f:id:midorigameko:20210404181327j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20210329132056j:plain



サブスリー達成率が高いとの評判が良いこのコース。

河川敷土手上に上がる坂道もなく、ほぼフラットでコース幅も多摩川の3倍はある。

首都高速の陰になって走り始めは日陰部分が多かったが、地球は回っているから次第に日向が多くなって汗が垂れた。

 

風は気にはならなかったけど、スタート時のペース4′7″/kmを維持しようとするとストレスが高まった。

 

4周目のターンをしてしばらく走ると強い向かい風に当たり、お尻の方も危険だったので立ち止まってしまった。

駅のトイレが意外と混んでいて長居できず、更にウォッシュレットじゃなかったので切れが悪かった。

 ケツに力入れてすぐにスタート。

抜かれたランナーの後方に貼りついた。

走り続けたのは10kmも持たなかった(笑)

 

f:id:midorigameko:20210329132436j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329132505j:plain

 

走り続けて完走する気力よりも、早く止めて美味しくて甘いどら焼きが食べたくなった。

砂糖(青木屋)が俺を呼んでいる!!

 

てなわけで18km地点でゼッケンを外してラン友さんと楽しく並走(笑)

ラン友さんの名前は砂糖じゃなかったけど。

 

f:id:midorigameko:20210329135937j:plain

 

f:id:midorigameko:20210329132902j:plain

 

スタート・ゴール地点でお別れ。

参加賞のTシャツとスポドリ1本貰って駅へと歩く。

 

青木屋特製の抹茶どら焼き、チョコどら焼き、そして定番の旨さのくろどら!!3つ一気食い!(笑)

 

f:id:midorigameko:20210404174338j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20210404174345j:plain

 

f:id:midorigameko:20210404182002j:plain

 

 

f:id:midorigameko:20210404182007j:plain

 

 駅前のガストで未完走ランチ。

うまい!!まいうー!!

 

18kmしか走ってないのによく食べた。

f:id:midorigameko:20210404174350j:plain

 

f:id:midorigameko:20210404174244j:plain

 

f:id:midorigameko:20210404174355j:plain

 

ラン友さんがゴールしたので、銭湯で待ち合わせ。

 彼は忙しくて月間50kmも走っていない。それでも完走しました!エライ!!

f:id:midorigameko:20210404182327j:plain

 

 

湯舟が二つあったけど、下町の温泉のような激熱ではなかったよ。

シャンプーも備え付けてあった。

 

ガストでラン友さんと再び一人反省会。

やっぱり完走したかったな。。。。

 

大会を振り返って。

体重はベストコンディションだったが、10日前に痛めた右足の甲により練習できていなかった。

走り込み不足と精神力の強化不足?

様々な要因が絡まり、過去最短のリタイヤとなった。

ペースも悪くなく、前回の甲府トライアルのように、完走目的でジョギングすればサブ3.5はクリアできたような気がするが、なにしろ完走欲よりも食欲が勝ってしまったようだ。

行き過ぎた糖質制限は決壊のスピードが速まる・・らしい。

 

次回のフルマラソンは6月?のたまランかな。

コロナが収束するまで大規模な大会は開催されないし、無理せず走力を維持するのに努めたい。

 

 

 

出川哲郎の充電させてもらえませんか

テレビ東京の看板番組。

土曜日のゴールデンタイムに放送されている。

全国津々浦々を電動バイクで回り、ご当地の名産品やら秘湯やら色々なものが紹介されてとても面白い。

 

コロナ禍で再放送が多くなったが、あの頃は良かったなぁー、などと奥様につぶやいている。

コロナ前に収録されたすげー3密な画を見るたびに、あの楽しかった頃が本当に羨ましい。

 

緊急事態宣言は2週間延長された。

コロナ3波の真っただ中、変異種にやられてしまった患者も多数確認されている。

ウィルスだって生き物。生存するためにあらゆる方策を考え、身体の内部にいさせてもらうように進化させている。

ワクチンが開発されたがもはやイタチごっこのような感もある。

ウィルスとの共存を目指すか、完全にシャットアウトさせるかの決断が必要なときに差し掛かっている気がするが。

 

東京オリンピック開催が国策なのか、様々な手法でマインドコントロールしようとしている。

 

コロナを完全に抑え込んでいる国もある。

人口や国力の違いこそあるが、そもそも日本はハードランディングができない国。

未来を見据えた制度設計よりも、天から金が降ってくるような目先の利益優先な政策が目立つ。

 

戦後の焼け野原、朝鮮戦争オイルショックバブル崩壊リーマンショック東日本大震災、そしてコロナ禍。

経済再生大臣がコロナ対策を行っていることも不思議だと思わない国民性。

原発が爆発したのに「重要なベースロード電源」と未だに明記されている。

 

 

 

 

東京オリンピックロード

びわ湖毎日マラソン
日本新記録で優勝したから、てっきり1億円貰ったのかと思ったよ。
予算がなく支給できないとは、、、。

1964年の東京オリンピック
フルマラソンのコースになった甲州街道を今日も走る。車で。

f:id:midorigameko:20210302164316j:plain


f:id:midorigameko:20210302164349j:plain

調布市内だけでも15万人以上の見物者がいたという。


国道にもかかわらず車線幅は狭く、大きな交差点でトラックやバスが停車すると、大型車はすれ違いができない。
徐行しサイドミラーをたたんで通過するので、慢性的に渋滞が発生する有名な国道。

歩道は極端に狭い。
特に大きな街路樹が妨げになっている。
道路交通法が改正され、自転車は軽車両だから歩道でなく車道を走らされることになった。
時速15km前後で走る自転車の横を、時速60km前後で通過する車両。

北側に甲州街道と並走している30m道路(東八道路)が全線開通し、国道としての役目を終えれたのなら、片側2車線を思い切って歩道の広い1車線にすることを希望する。

道というのは車だけのものではない。
東日本大震災、そしてコロナ禍を経験し、今、正に古い制度設計を変える絶好のチャンスだと思うが。
原発神話、外国人観光客神話等々、今さえ良ければ将来も良し、、では、未来社会は真っ暗闇だろ。

1964年の東京オリンピックの招致が決定し、戦後の東京は急成長した。
顧みれば、無理やり突貫工事で作った首都高速や、人口が急拡大したために区画整理が全く手つかずになった都市計画。
下水管は雨水と汚水を同時に流す合流管が殆ど。
狭あい道路に立ち並ぶ住宅。
災害に強い都市づくりには公共事業だけではなく、思い切った制度設計の改革が急務だ。

コロナ禍の一年間

東京マラソンの中止が発表され、雪崩現象のように多くの大会が延期又は中止となった。

まだ東京は緊急事態宣言中だが、河川敷の小さな大会は開催されている。

朝刊の紙面には「コロナ時代の消費 三つの変化」とある。

ラソンランナーなので、朝のランニングは呼吸と同じ様に日課
特に外出を控えることはなかった。

「正しく恐れる」といったように、外出も外食も旅行もコロナ前と同じ。
大会が無くなったので、毎月行っていた旅行がかなり少なくなった。
観光庁からアンケートが送付され、毎回「早くコロナが収束して欲しいですね」と書いている。

仕事の面では、ノートパソコンあればどこでも図面が作成でき、出力は事務所でもなくコンビニでも可能。
現場→計算→図面作成→出力といった作業が、いつでも!どこでも!可能だ(笑)

デジタル化が国の機関だけでなく、早く地方自治体にも波及して欲しい。

消費への悪影響が懸念されている。
かといって、再びGo Toトラベルか!?とはいかがなものか。
収束した後ならいくらでも景気対策が打てると思うが。
内閣支持率やら日経平均株価やら気にして、くだらない政策ばかり出していては、コロナは完全にアンダーコントロールされました!なんて豪語できまい。

多様性と個性と

スピッツがデビューして30年になるという。

バブルが弾け、暗い世の中を救ってくれたあのメロディ。

グループなのに派手さも突拍子さもなく、心の中へとストンとメロディが溶け込む。

30年という時を経ても、自然と口ずさんでしまう不思議なくらい分かりやすい歌詞。

何故か生き物がたくさん登場するが(笑)。

 

そのスピッツが世に現れる5年前、私は都立永山高校を卒業した。

来月は卒業シーズンかな。

去年はコロナ禍で入学式すらなかった高校にも桜が咲くかな。

 

私の真面目な高校生活は1学期の6月まで。

クルクルパーマな髪型に変って、制服は学校指定のではない。

バイトをして貯めた金で、当時流行った一世風靡セピアを模したような恰好だった(笑)。

 

都立高校の4割が髪の色等について書面を提出させている「地毛証明書」問題。

行き過ぎた指導で言語道断。

人権侵害ではないか。

あくまでも任意での提出だとのことだが、調査結果では任意での提出は僅か6パーセントだという。

高校生らしい・・・とは髪の色や靴下の長さ等々で判断されるのかな。

そもそも制服があること自体が疑問。

先進国の中でも日本と英国ぐらいでは?

校則に関しても、保護者や生徒自身も多くが異議を申し立てない。

波風立てず大人しく良い子ちゃん風にしていれば評価も上がるから?

個性が埋没し感性のある発想力に乏しい。

皆と同じ発想・思考を持ち、他人と議論することはなく育つ子供たち。

話し合う・議論するという行為が面倒くさく、苦手な人種を生み出している現状。

今の教育委員会の指導方法に原因があるのかもね。

事務所の近くの神代高校は難易度的には中の上クラスで進学校

にも拘わらず、校風の自由度は永山高校を遙かに超えている(笑)。

子供じみた校則など皆無。

自主性を重んじて培った三年間は、他の高校生よりも遥かに大人びている表情だ。

教育行政だけでなく社会全般において、個を尊重し個を信頼する社会に戻って欲しい。

 

スピッツが活躍して30年。

経済活動も人の流れも驚くほどグローバル化になったのに、日本という国だけ立ち遅れている気がしてならない。

性別や出自や目の色髪の色で仕分けすることなく、日本にて生計を立てている人は日本人で構わないのでは。

 

人口減がもたらす低成長率を改善させるには、一生懸命に働いている外国人を出稼ぎ労働者扱いせず、日本国籍を取得させるべきでしょうね。

縄文・弥生の時代からそうであったように、大陸から渡ってきた多くの民が素晴らしい文明をもたらしたことを忘れてはならない。

 

東京オリンピックについて

ようやく医療関係者へのワクチン投与が開始された。

65歳以上の高齢者への投与は自治体により異なる。

早くて4月中旬か。

2回目の投与は6月以降だという。

諸外国に比べて遅すぎる。

こんな国で開催されて大丈夫なのだろうか。

八王子市だけで16万人もいる65歳以上の高齢者。

え??高齢者って60歳じゃなかったんだ。

60歳以上なら何万人なんだよ。

 

石原慎太郎都知事になりおっぱじめた招致合戦。

私としては、2009年の招致合戦当初から「なぜまた東京で??」と反対の意思を表明した。

1回目は敗れたが、招致合戦に使った金がもったいないから再チャレンジ。

2回目の招致合戦で2020年招致決定。

庄野真代イスタンブールに決まって欲しかったな。

当初の開催費用予算を遙かに超え、その金額は2兆円とも言われる。

コンパクトで安い大会費用を引っさげて、裏金使ったか未だに不明だが招致を勝ち取った。

 

守銭奴どもの成れの果てだな。

 

今は真冬で真夏の暑さは忘れているが、梅雨入りと同時にやってくる、あの東京特有の蒸し暑さを思い出せ。

熱中症患者を運び出す救急車と消防車のサイレンが鳴りやまない。

コロナ患者だけではない。

 

そもそも最悪の状況を想定してオリンピックを開こうとしているとは思えない。

選ばれたアスリートはこのような状況下で開かれたとしても、国民の多数から歓迎されていない今日、ベストな競技を披露することができるのかな。

会場には声援も聞こえないことになるかもね。

 

毎年行っている各競技種目の世界大会等で十分ではないかな。

去年の今頃は有力な選手の辞退が相次ぎ延期となった。

再延期で十分でしょう。

代表選手の選考すらできていない競技も多数ある。

マスコミは包み隠さずロックダウン中の都市の現状を伝えるべき。

島根県知事の勇気ある行動に追随する首長が現れることを期待したい。